【TOEIC】第5文型の動詞について | スタディサプリ活用レビュー

TOEIC・英会話
ワタシ

ども、らーにゃです。今回はスタディーサプリENGLISHについて触れていきます。

突然ですが、TOEICの勉強をしていますか??

「とはいえ、自分は英語は苦手だし…、時間もないし、どこから手を付けるべきか…。。」

このように悶々としている方々にオススメしたいのが、ハードル低くビジネス英会話を積み上げるスタディサプリENGLISHTOEIC編です。

では、実際やってみてどうなのか?

TOEIC400を割る超絶苦手意識をもつ社畜がダブルスコアを目指して、コツコツ勉強しながらスタディサプリのレビューをしていきます。

実際に利用した勉強のメモを記載していきますので、試してみようか検討している人は内容含めて是非お勉強材料の検討の参考にしてみてください(‘ω’)ノ

今回の要点

今回も、スタディサプリの英文法について学んだことをメモしていきます。

今回学んだ英文法「第5文型」についてですが、ポイントになる部分を先に結論から言うと、

「SVOCのCが動詞パターンと形容詞パターンを抑える」

という点です。これだけ見ても

( ゚Д゚)ハァ?

と思われるかと思いますが、押さえておきたい点を以下の観点でまとめていきます。

お勉強メモ!
  • メモ①:Cの部分に動詞おける使役動詞
  • メモ②:Cの部分に形容詞を置く代表的な動詞 

順に触れていきます。

TOEIC 英文法のメモ

メモ①:Cの部分に動詞をおける使役動詞

まず最初に抑えるべきは第5文型の型です。

これは中学時代に最初に習う文法の基本系です。

不要かとは思いますがざっくりと思いだすと文型には下記の5つのパターンがありました。

文型の型
  • 第1文型:SV(主語→動詞)
    ➡I go to schoolなど、前置詞が動詞の直後に来るケースなど。
  • 第2文型:SVC(主語→動詞→補語)
    ➡I am student などbe動詞を使う場合など V =Cになるケースが多い
  • 第3文型:SVO(主語→動詞→目的語)
    ➡I have many apples など一番多いパターン
  • 第4文型:SVOO(主語→動詞→目的語1→目的語2)
    ➡I give you applesなど「人➡モノ」の順になるケースなどが多い
  • 第5文型:SVOC(主語→動詞→目的語→補語)
    ➡You make me happyなどO=Cになるケースが多い

今回はこの中で一番下のケースが該当します。

中学生当時も第5文型だけがよく分かりにくかったのですが、こう並べてみても

やはり5文型だけわかりにくかったりします。

ここで、ポイントになるのは、Cの部分に入る品詞は大きくは2種類あります。

Cの部分に入る品詞
  • 形容詞のパターン
    ➡You make me happyなどのイメージしやすいパターン

  • 動詞(原型)のパターン
    後述する特殊形のパターン

動詞原型をここにおくとると文法的にはおかしな感じで特殊形になりますが

使役動詞というものが該当します。

具体的な単語で言うと、have, let, makeの3つです。

コイツらは、Cにあたる補語に動詞の原形を置くことができます

ここで上記の3つは~させるという意味合いでセットで押さえていると思いますが

helpというのも実は、特殊な形(Cに動詞の原形を置けるモノ)として存在します。

例えば

I offered to help her prepare for my presentation

といったように toをいれずに動詞を入れることが可能です。

TOEICでも文法で聞かれる可能性があるので、押さえておく必要があります。

ワタシ

見慣れた単語で語源やそもそもの意味を抑えると理解が進みやすいですね

メモ②:Cの部分に形容詞を置く代表的な動詞

さて、次に、考えたいのが第5文型におけるCが形容詞のパターンです。

この場合は、割となじみのある単語が入ります。

Cの部分で形容詞をとる動詞
  • make:~にさせる
    ▷ex. The news made me happy.
  • find:~だと分かる
    ▷ex. I found the book interesting.
  • leave:~っぱなしにする
    ▷ex. I leave the window open.

上記のようにCに該当する、happy, interesting, openは全て形容詞です。

ちなみに、openは動詞の”開ける”以外にも、”開いている”という意味合いもあります。

そのため、3つ目の意味合いは、窓を開けっぱなしにしている。みたいな意味合いです。

またTOEICでは更にこれを受け身にした文章が文法問題になったりします。

例えば3つ目の英文でいえば下記の通りです。

The window is left open.

これは第5文型だと気づかないと、パッと見どうなっているのかが分からなかったりもします。

しかも今回のようにopenが入ると動詞なのか形容詞なのかもわからず、更に混乱します。

どちらも中学で習う文法事項とはいえ、組み合わせられると混乱する内容になるので要注意です。

ただ、5文型をとる動詞だと気づけば、さほど難しい問題ではないので、文型も意識しながら解いていきましょう

ワタシ

違和感の感覚と文法等の用法が一致するとスッキリしますね

まとめ 

上記を活用する際に、理解しておくべきポイントは以下2点でした。

お勉強メモ!
  • メモ①:Cの部分に動詞おける使役動詞
    ▷let, make, haveの使役動詞の他、helpもCに動詞の原型をとるため注意
  • メモ②:Cの部分に形容詞を置く代表的な動詞
    ▷make, find, leaveを代表とする文章、受け身の文章の組み合わせに注意

以上です。

誰でも最初は初心者ですので、今後なりたい自分の姿を妄想しながら、まずは最初の一歩を踏み出しましょう。

成果は一朝一夕で出ませんので、毎日コツコツ継続するのみです…!

この手の話は、機を逃すと急にやらなくなるので、思い立ったが吉日です!

英語が苦手な人ほど、まずは7日間の無料体験から一緒に頑張っていきましょー(^^)/

>>スタディーサプリTOEIC対策 無料体験

ご精読頂きありがとうございました!
m(_ _)m