【レビュー】ビズリーチ『プレミアムステージ』は使うメリットはあるか?

キャリアコンサル・転職
ワタシ

ども、らーにゃです。今回は『ビズリーチ』について触れていきます。

皆さん、ビズリーチを使ったことはありますか?

『知ってはいるが、登録しただけ…』

『何ができるのかはよく分からない…』

つい最近まで、自分自身もそうでした。

実際に使ってみると、すぐに転職をしたいという人だけでなく

自己分析をしながら長い目で転職に備えるという人も使うべきサービスでした。

そのため、この度、新しく実装されたプレミアム機能も含めて

どんな機能があってどんな利活用ができるのか、備忘録的にまとめます。

直近で転職したい人は勿論のこと、いずれ転職しようと思うと考えている人のご参考になれば幸いです。

>>年収600万円以上の人に最も支持される転職サイト/ビズリーチ

結論:ビズリーチのおすすめの使い方

まず、結論から言うと

『プレミアム機能はお試しだけでもやってみることがおすすめ!』

というのが使ってみての感想です。

特に、不定期に発行される無料プレミアムチケットを利用するのが最もコスパがよいです。

「では、このプレミアム機能とは何か?」

シゴト観診断など特典が複数あり、機能はどんどん拡充されています!

これは試してみないとなんとも言えないので無料で試すのが良いです。

ただ、プレミアムチケットはいつ手に入るか分からないので期間限定の無料体験で試すのがオススメ。

>>【参考】無料体験でプレミアムステージを利用

また、このプレミアムになると良いのが、そもそもの転職支援の本サービスの機能が拡充します。

こちらも検索できる求人が広がったり求人案件が企業名まで見れるなど

こちらを利用して詳細に求人情報を把握するだけでも十分にお金を払う価値はあります。

また、スカウトをもらって相談することも出来、実際キャリアの棚卸しをするのにとても役立ちました。

>>【関連】自作手帳でキャリアの棚卸しをする

そこで、今回はプレミアム機能を使ってみて感じたことを元に下記のポイントを記載します。

順に触れていきます。

>>年収600万円以上の人に最も支持される転職サイト/ビズリーチ

今回のポイント

それではビジリーチのポイント3点についてまとめていきます。

まずは、そもそものビズリーチ・プレミアムの概要から触れていきます。

ビズリーチ・プレミアムとは

まずビズリーチとはそもそも何か?

『日本のハイクラス転職市場に新たな選択肢と可能性を創り出す』

ということをコンセプトに2009年から始まったサービスです。

その後に、キャリトレ、スタンバイ、ハーモスなど、新たなサービスを続けて拡充しています。

個人的に、実際に個別相談を行なったりスカウトを受けて目指していた会社に転職を実現させました。

現在ハイクラスでない会社員でもハードルは高くなく手軽に使えます。

また、前述の通りこの度、プレミアム機能として他にも下記の機能が実装されました。

  • シゴト観診断(適性検査)
  • アカデミー講座
  • キャリアコンシェルジュ

特に1つ目のシゴト観診断はプレミアムチケットがあれば無料でちゃんとした適性検査が受けられるので、おすすめです。

詳細については続けて記載します。

ワタシ

タイミングさえあえば無料で色々ためせそうですね。

シゴト観診断(プレミアム機能)について

実際に、シゴト観診断に実際にやってみたので記載します。

まず、プレミアムステージにログインすると、マイページは以下のようになります。

その中で、左のメニューから「シゴト観診断」を選択し、その中の「診断」をクリックします。

その後、解答をすすめていくわけですが、解答を終えると以下のような結果がでます。

ここで、このシゴト観診断がイケてるポイントが「他者診断」ということも出来るという点です。

何かというと、一部同じ問いを周りの人にも回答してもらい、自己分析だけでなく他己分析も出来て、そのギャップを見える化できます。

下記のような形です。

全体の結果から自分の仕事観として

  • どんなことに興味を向けているのか
  • 基礎的なスキル・力はどの程度か
  • 周りの意見と齟齬はないか

このようなことが見えます。

また、これらを通じて、自分の仕事の進め方やモチベーションはどんなところにあるのか

これを再認識させてくれるところに価値があります。

ワタシ

自己評価高く、他己評価が低い項目は己惚れていたな…と反省

>>年収600万円以上の人に最も支持される転職サイト/ビズリーチ

プレミアムでの転職サイトの機能拡充

さて、最後にもう一つポイントとしてあげておきたいのが

プレミアムにすると、基本となる転職サイトの機能が拡充されるという点です。

比較観点スタンダード(無料)プレミアム(有料)
求人の検索、閲覧△(企業名が見えない)〇(全て閲覧・検索可能)
スカウトへの返信△(プラチナスカウトのみ)〇(全てのメールを授受可能)
求人への応募△(一部求人のみ可能)〇(全ての求人に応募可能)
ヘッドハンターへの相談×

上記のように、有料にすることで多くの機能が解放されていきます。

ポイントになるのは以下の3点です。

  • 純粋に選択肢の量が増える
  • バイネームでどこがどういう求人が出ているかが分かる
  • 各種相談や応募などを丁寧に進められる

これは色々な解釈ができますが、すぐにでも転職をしたい!という人にとっては自ら調べて相談するのにはうってつけですね。

また、バイネームで企業の求人情報が見れるので、そこから今企業に何が求められているのかということが分かります

例えば、私の場合、割と条件がよさそうな年収1000万をこえるようなものはどんなものだろうと探っていると、こんなような案件がチラホラでてきます。

当たり前ですが、オープンにしている履歴書の内容を元にスカウトがくるので、今までの経歴に繋がるような案件が結果的に多くなります。

私の場合、特に条件がよさそうに感じられるのは下記2点でした

  • 今までの経験の延長線上にあるキャリア(EdTech系)
  • 市場のニーズが高まっているキャリア(コンサル系)

まぁどちらも納得ですが、やはり、今求められているDXに絡むような話が多いです。

その他の求人をみていても、この傾向は共通していますが、職種は様々です。

  • 法人営業
  • プロマネ
  • 新規事業開発
  • アライアンス
  • SIer

など。SIerに限ってはやったことすらないのに、求人がでていたりします。

そのため、今後こんな力を伸ばして、こんなキャリアにしたいという興味があれば、色々話を聞いてみるきっかけに出来そうです。

また、プレミアムは基本的に月額になるため、上記の観点は短期集中で調べ切るのが良いと思います。

ツマ

目的があればプレミアムステージの活用はアリだね!

>>年収600万円以上の人に最も支持される転職サイト/ビズリーチ

まとめ 

上記、まとめるとポイントは以下の3点です。

今回の押さえドコ!

以上です。

いずれ転職しようと思っていても、転職エージェントに自ら連絡して足を運ぶのは時間もかかりますし、そもそも気が引けます。

この点、自分のことをレジュメを書いて振り返り、自分のペースで転職相談をすることで、着実に準備が進みます。

上記を無料期間で一気にやってしまうのが一番お得であり、無駄がありません!

転職というと人生の大きな決断の1つになりますから、今から少しずつ準備を進めて市場価値をコツコツ上げていきましょう(‘ω’)ノ

>>年収600万円以上の人に最も支持される転職サイト/ビズリーチ

ご精読頂きありがとうございました!
m(_ _)m