【GAS入門】初心者でもコピペしてそのまま使えるGoogle Apps Scriptプログラム一覧

Python・GAS
ワタシ

ども、らーにゃです。今回はGASの活用についてまとめます。

身の回りのことをもっと自動化できないものか?

仕事でもプライベートでも忙しくなるほどに自動化の必要性・重要性は増していると思います。

「プログラミングど素人の自分がどうやりゃええんや…」

と頭を抱えることが多くありました。

そんな中、最近GAS(Google Apps Script)を勉強している中で

『ど素人の自分でもコピペするだけである程度出来た!』

と思えるものが出来たので、今までやってきたことを余すことなく記載します。

自動化やGASのプログラミングに興味があるけど、どんなことなら出来るのか…と思っている初心者の方のご参考なれば幸いです。(‘ω’)ノ

Google Apps Scriptのプチ自動化例

通常業務をしているとまだまだエクセルの存在感が強く、どうしても効率化=VBAみたいな文脈が強かったりします。

ただ、最近はRPA(Robotic Prosess Automation)の文脈で自動化しよう!という機運が高まっており、その中でもっとも取っつきやすいとされるのがGASだったりします。

しかも、GASが素晴らしいのはGoogle アカウントだけあれば全て無料でできるため、個人ユースで使われるケースが多い印象です。

https://twitter.com/taraco1230/status/1410176004451041283

私と同様に、最近GASのすばらしさに気づいて、エンジニアでない人もチャレンジしてみようという機運が高まっている印象があります。

基本的にこの手の勉強はどんな形であれ自分で実行してやりたいことをやるのが一番のスキルアップの近道です。

そのため、下記に今まで実践しているものを公開していくので、これだ!と思うものがあればリンク先をたどってコピペで試してみてください。

GAS × Gmail 指定時間にリマインドメール

プログラムの概要

▷指定時間に指定アドレスに向けてGmailで送付をします。
Googleシリーズなので連携が簡易でsendEmailという関数が既に作られているのでそれを使うだけです。

プログラムの活用

▷毎日、夜の時間に振返りのリマインドメールを自分宛に送れます。他の人もいれてリマインドメールとして利用するのもアリです。

プログラム評価
  • プログラムの難しさ ★☆☆☆☆
  • プログラムの実用性 ★★☆☆☆
  • プログラムの拡張性 ★★☆☆☆

【GAS入門】定刻にGmailを自動発信するプログラムを作る(GoogleAppsScript)

GAS × Googleカレンダー 1週間先の予定をリマインドする

プログラムの概要

▷直近1週間の予定を毎日リマインドします。GoogleカレンダーのIDを参照して、該当のイベントの情報を抽出してGmailで送信します。

プログラムの活用

▷毎日、家族団欒の時間に合わせて家族のメールに連絡をして話の小ネタにします。

プログラム評価
  • プログラムの難しさ ★☆☆☆☆
  • プログラムの実用性 ★★★☆☆
  • プログラムの拡張性 ★★☆☆☆

【GAS入門】1週間先までのカレンダーの予定をリマインドするプログラムを作る

GAS × Google Drive ファイルの自動バックアップを行う

プログラムの概要

▷指定したファイルをコピーし、バックアップ用ファイルとして別フォルダに格納する。該当ファイルを①指定フォルダに格納してコピー、②該当ファイルの古いデータを削除する。

プログラムの活用

▷間違えてけしちゃった!ということがないように、毎日指定ファイルを更新します。

プログラム評価
  • プログラムの難しさ ★☆☆☆☆
  • プログラムの実用性 ★★★★☆
  • プログラムの拡張性 ★★★☆☆

【GAS入門】Google Drive上で自動バックアップ(コピーと削除)するプログラムを作る

GAS × 天気予報API 今日から2日間先までの天候をリマインドする

プログラムの概要

▷天気データを参照しリマインドするプログラムです。天気データのAPI(Livedoor)を参照し、Gmail(LINE)を介してリマインドします。

プログラムの活用

▷毎朝、テレビやネットを見て天気予報をチェックせずとも傘が必要かどうか確認できます。

プログラム評価
  • プログラムの難しさ ★★☆☆☆
  • プログラムの実用性 ★★★☆☆
  • プログラムの拡張性 ★☆☆☆☆

【GAS入門】天気の情報を毎朝自動でリマインドするプログラムを作る

GAS × Fitbit 自分の体のデータを一覧化する

プログラムの概要

▷日々の健康状態(睡眠や運動など)のデータをスプレッドシートを介してビジュアライズします。健康状態はfitbitのAPIを利用し、スプレッドシートを介してGoogle Data Portalで参照します。

プログラムの活用

▷毎日の睡眠時間や運動時間をリアルタイムに更新し、毎日リマインドします。

プログラム評価
  • プログラムの難しさ ★★★☆☆
  • プログラムの実用性 ★★★★☆
  • プログラムの拡張性 ★★★☆☆

【GAS入門】Fitbit APIを参照して自分の体調を見える化するプログラムを作る

ワタシ

自分のデータを自分で分析するというのは面白いですね。

GAS × Twitter 自分と他人のフォロワーを一覧化する

プログラムの概要

▷Twitterのフォロワーをスプレッドシートに記載します。TwitterのAPIを参照してフォロワーの数を取るのみなのでこちらもシンプルです。

プログラムの活用

▷自分の現在のフォロワー数と参考にしたいライバルのフォロワー数を同時に追いかけてみています。

プログラム評価
  • プログラムの難しさ ★★☆☆☆
  • プログラムの実用性 ★★★★☆
  • プログラムの拡張性 ★★★★☆

【GAS入門】Twitterのフォロワーを自分と他人とを自動で比較するプログラムを作る

GAS × Twitter 自動ツイートするBot作り

プログラムの概要

▷予め設定したツイートを指定時間になったら発信するプログラムです。TwitterのAPIを利用して発信する既に作られているプログラムを利用します。

プログラムの活用

▷あらかじめストックを作り、毎日定例の時間につぶやくことなどができます。

プログラム評価
  • プログラムの難しさ ★★★☆☆
  • プログラムの実用性 ★★★★★
  • プログラムの拡張性 ★★★★☆

【GAS入門】Twitter Botでつぶやきを毎日自動で発信プログラムを作る

GAS × Toggle 計測した時間をスプレッドシート入力(BIツール連携)

プログラムの概要

▷時間計測した結果をスプレッドシートを介してデータをビジュアライズします。計測時間はtogglのAPIを利用し、スプレッドシートを介してGoogle Data Portalで参照します。

プログラムの活用

▷計測した時間をBIツールで見える化して毎日リマインドします

プログラム評価
  • プログラムの難しさ ★★★☆☆
  • プログラムの実用性 ★★★★☆
  • プログラムの拡張性 ★★★★☆

【GAS入門】Togglで計測した時間を 参照・集計してリマインドするプログラムを作る

GAS × Toggle 音声で時間計測

Togglとは時間トラッキングサービスの一種です。

プログラムの概要

音声入力で時間計測のソフトを動かすプログラムです。音声入力はGoogle Assistant, 時間計測はtogglを利用します

プログラムの活用

▷スマホやスマートデバイスの音声入力で時間計測を開始できます。いつでも、どんなところでも時間管理がしやすくなります。

プログラム評価
  • プログラムの難しさ ★★★★☆
  • プログラムの実用性 ★★★★★
  • プログラムの拡張性 ★★☆☆☆

【GAS入門】TogglとIFTTTを活用し、音声入力でトラッキングが出来るプログラムを作る

BIツールを連携させたデータのビジュアル化

Google Data Portalでデータ連携・ビジュアル化

拡張ポイント

上記見て分かる通り、GASが威力を発揮するのは下記の2点です。

  • Google系サービスとの連携
  • 外部APIの参照

これらをつなげられれば自動化に持っていくことができます。

また、自動化の中でも特におすすめなのが、データの見える化・ビジュアル化です。

これはスプレッドシートへの移し替えと同じGoogleのBIツールのサービスであるGoogle Data Portalを使えば、簡単に映える形になってテンションが上がります。

下記の記事でまとめていますので、上記と併せて確認頂くと自動化の道が開けます。

【BIツール入門】Google Data Portalとは何か、超具体的に使い方を解説

ツマ

ビジュアル化って想像以上に受け手への影響度がつよいよね

Google Data Portalでイケてる見た目にする

拡張ポイント

上記の通りBIツールとのデータ連携のポイントが分かったらあとは、ビジュアル化を極めるのみです。

特にGoogle Data Portalはイケてるダッシュボードも無料でコピペして使える仕様になっているので、徹底的にパクることでスゲェ見た目が簡単に手に入ります。

しかも大盤振る舞いなのが、いつのまにやらData Portalもテンプレのコピペも全て無料になっているという点です。

下記の記事でやり方はまとめていますので、上記と併せて確認頂くと自動化の道が開けます。

【BIツール入門】コピペだけで本格的なダッシュボードを作る(Google Data Portal)

ワタシ

予備知識なくともコピペでいいので簡単にできちゃいます。

自身でカスタマイズ・拡張する方法

ここからは自分で拡張する方法に関してです。

「もっと本当はこういった拡張をしたいんだけどな…」

という想いが芽生えた場合は、上記の構成を理解した上で、自分なりにアレンジする必要があります。

私のようなプログラミング初心者の人は下記3点を検討すると拡張が簡単にできます。

GASの参考書+αを活用する

GASをかじり始めて、複数の書籍に目を通しはじめていますが、

やっていてこれが一番わかりやすく使いやすい!と思う参考書はズバリこれです。

冒頭あげたGASの基本的な構成や仕組の他、とても実践的な内容が記載されています。

Google Appsとの連携例なども幅広くでており、それを実践するだけでもやりたいことがある程度できる可能性が高いです。

あとは、これと他の解説サイトなどを利用していけば、拡張する観点は学べると思います。

更に、その上でココナラなどの外部の力を借りることが出来ると更に学習効果とやりたいことの実現に向けて相乗効果があります。

■ご参考リンク(ココナラ)

GASのプログラム作成でお願いなどもできるため、基本的なことを参考書で抑えつつ、作ってみたいコードを一度外注して作ってもらいそれを元に深めるなども効率が良いです。

ワタシ

良い人にあたるとその後もメッセージなどで軽い相談ができる場合もあります

動画教材(Udemy)の活用

個人的に一番コスパが高くオススメしたいのがコレ。

何かというとUdemyを活用した動画学習です。

分からないところがある時に、必要なところを本で読むのではなく、動画で解説してもらう方が理解のしやすさが段違いです。

また、講師の評価もついており、個人的な所感ですが、基本的に4.0以上の評価のコンテンツであればハズレはない印象です。

当然GASの動画も多く、日本語講師の解説動画も多数あるので、安心です。

個人的にオススメしたいのは下記の講座。

これで基本的な利活用から応用部分までも網羅的にマスターできます。

>>Udemy:GASのおすすめ講座

色々とGASの講座動画があったのでつまみ食いしましたが、上記がわかりやすく、評価も高くて最初の第一歩にはオススメです。

何個の動画も見るのは時間もお金も勿体ないので、狙いを定めて買うのがオススメ。大幅ディスカウントされているときは特にねらい目です!

ツマ

割引はいつくるか分からないからタイミングは逃さないようにしないとね!

プログラミングスクールを利用する

そして、最後の手段ガコレです。

特に、『時間がない!早く学びきりたい!』という人にオススメしたいのがこれです。

>>Tech Academy : Google Apps Scriptコース

これは費用もかかりますが最も学習効率が高いです。

実際にTechAcademyは利用してみましたが、初心者を想定したカリキュラムが設定されており初心者でも安心です。

実は、このTechAcademyでも参考にする書籍は1で紹介した本が取り扱われています。

そのため、参考書を使ってみたが、自分でペースを作りにくい…という人には一番合うと思います。

個人的に、メンターに都度、相談をしながら学習リズムを作る事が一番のよいポイントです。

また、メンターによるかもしれませんが、私の場合は、カリキュラムに関連する内容であればカリキュラム外でも色々教えてもらえました。

その点、GASでやりたいことがある人は色々学べると思います。

>>Tech Academy : Google Apps Scriptコース

また、GASを取り扱っているスクールはまだまだ少なく希少性が高く、かつこの手のスクールの中ではかなり安い部類です。

※GASを扱うスクールがないため参考までに他言語で比較

特にキャンペーンなどをやっているときは、オマケがとても豪華だったりするので、参照してタイミングを逃さないようにしましょう!

ワタシ

私もオマケ狙いのキャンペーン狙いでコスパよく学べて大満足でした

まとめ

今回ポイントしてまとめてきたのは以下の2点です。

抑えたいポイント
  • GAS × ○○で出来ること
    ▷Googleサービスの他、Twitter, Toggl,FitbitなどAPIを経由して自動化が可能
  • GAS×BIツールで連携・拡張できること
    ▷Google Data Portalを利用して自動的にイケてる見た目にすることが可能
  • 自作プログラムへの拡張
    ▷まずは動画学習などで基礎を抑えながら実践内容を拡張する

今回はポイントになることをまとめていきましたが、GASを扱うことが出来ると、効率化・自動化をさせることは無限大です。

そしてこのGASの何と言っても素晴らしいのが環境不要!そしてしかもタダ!ということです。

仕事でつかえる部分があるのは勿論のこと、プライベートでも利活用できるオトク技がいっぱいなため、非エンジニアの人でもぜひトライしてみてください!

特に、自分でトライして頑張ってみるぞ!という人はまずは、動画学習でもスクール活用でも、自分に合うアクションで進めていきましょう。

自身の今のスキルや状況に応じて、次のステップアップに向けた動きを付けて一緒に自動化・効率化の技術を上げていきましょう!(‘ω’)ノ

>>Udemy:GASのおすすめ講座

ご精読頂きありがとうございました!
m(_ _)m