【徹底比較】PythonとGASをどちらを学ぶべきか?実際に両方を学んで分かった違いとオススメ学習法

Python・GAS・DS
ワタシ

ども、らーにゃです。今回はPythonとGASを比較していきます。

自分は非エンジニアだけど…

「もっともっと効率化したい!」

「プログラムを書けるようになりたい!」

こんなことを考えている効率好きの人にはPythonとGASがオススメです。

「では、どちらを学ぶべきなのか??」

これは具体的な用途によって変わります。

そのため、今回は今までPythonとGASのプログラミングを実践して感じた特徴を比較します。

プログラミング素人の視点で整理することで初心者の人が迷うことなく学ぶ内容を決めていけるようにします。

自動化や効率化を進めたいプログラミング初心者の方の一助になれば幸いです٩( ᐛ )و

今回の結論

先ほども述べた通り、結論としては

「ケースバイケース!」

ですが、2つのプログラミング言語は強みが違います。

Pythonは色々な領域での活用ができます。

一方のGASはGoogle系アプリと組合せてオンライン上で色々なことを無料で完結させることができます。

そのため、一言で言うならば下記のような違いがあります。

それぞれの使いドコ
【Pythonがオススメな人】
 ▶️色々な分析やアプリ作成までしたい!
【GASがオススメな人】
 ▶️自動化のプログラムを作りたい!

つまり分析系ならPython!自動化系ならGAS!といった整理です。

とはいえ

「いやいや、それだけじゃよくわからんよ。。」

と感じる人が多いと思うので、下記の観点で特徴を整理します。

押さえドコ
・PythonとGAS 特徴の比較
・PythonとGAS 活用シーン
・PythonとGAS オススメ学習法

順に触れていきます。

PythonとGAS 特徴の比較

Pythonの特徴

Pythonは現在注目を集めている言語で、10年も前くらいからググっと知名度があがり

今では人気プログラミング言語の地位を確実なものにしています。

ところで、そんなPythonの特徴とは何か?ポイントは下記の通りです。

Pythonのポイント
・AI開発で注目を集めている
・Web上のデータ収集が可能
・アプリの開発まで出来る

また、これに加えて、コードが非常にシンプルで初心者向けな構成と言う点も特徴的です。

コードの文法と基礎的な使い方さえわかってしまえば

ライブラリといわれる既に誰か頭いい人がつくってくれたプログラムをそのまま使うことができ

ちょっとの学習コストで多くのメリットを享受することが可能です。

実際に私も、Pythonを機械学習のモデルが何がよいかを自動で選ぶライブラリなどを使ったことがあります。

どのAIを使えばいいかをAIに聞くということができるため、使い方さえ分かれば

「もはや自分で考える必要ないのでは?」

とさえ思っています。

>>【関連】コピペしてそのまま使えるPythonの自動化プログラムまとめ

ワタシ

AIの盛り上がりとセットで人気が出てますね

GASの特徴

一方でGASというのは、Pythonと比べるとイマイチ知名度が高くありません。

ちなみにこの名称はGoogle Apps Scriptの略でして一言でいうならば

Googleアプリを自由に動かすための言語になります。

特徴は以下の通りです。

GASのポイント
・Googleの各種ソフトを色々動かせる
・マクロ機能でノンコードで記述も可能
・開発環境不要でWeb上で実行が可能

特に個人的なポイントとしては3つ目の

「Web上で実行することが可能!」

というのがめちゃくちゃポイント高いです。

何かというとGoogle上のサーバーで作ったプログラムを実行させることができるため

web上での実行環境を無料でサクっと作れてしまうのです。

これが、自動化のプログラムを作る上で非常に便利で自由度が高いのです!

しかもスプレッドシートでデータを一元化してLooker (Google製のBIツール等)に流し込めば

簡易的なデータ分析ダッシュボードが完成です。

>>【関連】GoogleのBIツールを超具体的に使い方を解説

また、APIをつなけばLINEに流したり、Twitterデータを使ったりと

外部アプリケーションも含めてほとんどが無料で完結できてしまいます。

JavaScriptとの互換性もあり、その点での拡張もあります。

個人的に、何でこんな知名度が低いのかが理解ができません。

ツマ

確かにあまり目にしないけどこう見ると便利そうだね

PythonとGASの比較

上記を踏まえて、2つの言語の特徴を比較をすると下記の整理です。

比較の観点Pythonの特徴GASの特徴
機械学習/分析
Web上のデータ収集/分析
プログラムの拡張性
他言語との親和性
自動化の仕組み作り
Googleサービスと連携
外部サービスとの連携
取り扱いやすさ/ローコード
アプリ開発

業務の基盤にGoogle系サービスをつかっているという場合や

自動化のプログラムを無料でサクっ作りたいという方はGASを検討し

それ以外の効率化をしたい場合はとりあえずPythonを選択すれば問題ないです。

ワタシ

2つを比較してみると目的に合う方が見えてきます

PythonとGASの活用シーン

Pythonで出来ること7選!

では次にPythonでできることですが

具体的には下記のようなことができます。

Pythonで出来ること
①機械学習を用いた人工知能の開発
②自動データ処理/分析などの業務効率化
③Web上の画像・テキストの自動収集
④Webサービス/アプリケーション開発
⑤外部アプリケーションとの連携
⑥デスクトップ/スマホアプリ開発
⑦ブロックチェーン技術の開発

特にweb上の分析をするためには

  • クローリング
    →ネット上の情報を集めにサイトを回る
  • スクレイピング
    →サイト上の情報を引っこ抜く
  • クレンジング
    →集めたデータをキレイに整理する

という3つの工程を踏む必要があるのですが、Pythonではどれも1ストップで行えます。

そのため、分析に関しては定量でも定性であってもなんでもいけちゃう万能な言語なのです。

下記に、ご参考までに実際に私がPythonで作ってみたプログラムも公開しております!

>>【関連】コピペしてそのまま使えるPythonの自動化プログラムまとめ

ツマ

数字だけでなく文字の分析もできるのは凄いね!

GASで出来ること7選!

一方でGASでできることですが

具体的には下記のようなことができます。

GASで出来ること
①Google系サービスとの連携
②自動化プログラムの作成
③単純作業/ルーティンの仕組化
④情報共有/リマインダー
⑤Webアプリケーション開発
⑥Webサイトからの情報収集
⑦外部アプリケーションとの連携

1つ目と2つ目が最大にして最強ポイントになります。

またスタンドアロンで開発環境の構築が不要でウェブ上で実行できることから

ウェブアプリケーションを開発した後に実行することができます。

単純作業や情報流通の自動化はこちらの方が簡単にできて効率がよいです。

あとは、ChatworkやSlackといった外部アプリケーションと連携させて自動化させる使い方も◎です。

つまり、活用シーンとしては、外部アプリ連携も含めた工程の自動化が得意フィールドです。

下記に、実際に私がGASで作ってみたプログラムも公開しております!

>>【関連】コピペしてそのまま使えるGASの自動化プログラムまとめ

ワタシ

今でこそマイナーですがどんどんメジャーになると思っています

オススメの学習方法

では最後に、上記の特徴を踏まえて、

どう学ぶのが一番効率が良いの?」

という点について整理します。

私の経験も含めて下記にまとめていきますが、やり方は色々あります。

現在、感じている課題の緊急度と費用感を踏まえて検討してみてください!

ワタシ

実際に試しみた5つの方法をご紹介しますね。

やり方①:自力で頑張る💪

まず、最初の勉強方法としては、自力でやるというアプローチです。

これはどシンプルにネット上の情報を自分で見つけて出してやることになりますが

何といっても無料で全て完結します。

プログラミングのコードはネットを調べると多くでています。

ただ、前提として、記載されているプログラムをある程度読めること

自分なりに解釈して応用するスキルが求められます。

ゆえに、初心者にはあまりオススメな方法ではないです。

ただ、多少かじったことがある人にはオススメできる勉強法です!

学習のコスパ
オススメ度 :★☆☆☆☆
費用メリット:★★★★★
学習の効果 :☆☆☆☆☆
ツマ

確かに無料ではあるけれど初心者には厳しいね

やり方②:参考書で勉強する📚

次に本を使った勉強法です。

おそらくどのやり方の中でも最もオーソドックスなやり方かと思います。

多くの書籍は初心者向けに書かれたものが多く、校正・更新もしっかりされています。

基本的には書籍の記載通りに進めばいいので、迷子になることはなく解説で疑問も解消できます。

オススメはKindleの書籍を使うことです。

パソコンアプリで開けばプログラムなどはそのままコピペできますし検索することも可能です。

とはいえ、現在は紙の参考書でもDL可能なプログラムが多いので

紙かウェブかは自分の勉強スタイルに合わせて使い分けるのがよいです。

ただ、本を自ら読みながら進めるので、ある程度自分で学習コントロールすることと

学習モチベーションをキープして自分で進める意思の力が必要になります。

学習のコスパ
オススメ度 :★★☆☆☆
費用メリット:★★★★☆
学習の効果 :★☆☆☆☆

ワタシ

買った瞬間はいいのですが持続させるのがムズイんですよね

やり方③:Udemyで勉強する📲

Udemyを使った動画学習での勉強についてです。

これはパソコンでもスマホでもマルチデバイスで学ぶことができます。

Udemyがイケてると思う理由は下記の点です。

  • どのデバイスでも対応可能
  • 膨大のコースがあり、割引もある
  • スマホを想定して動画がとられている

特に3つ目が素晴らしく、今までの学習方法のパラダイムが変わります。

移動中や寝る時のベットの中などでもスマホだけで学習が完結できます。

スキマの時間を有効活用できるため、忙しい社会人にはうってつけです。

プログラミング言語の人気オンラインコース >>UdemyでPythonやGAS等のプログラミング講座はコチラ

個人的に一番コスパが良いと思うのはUdemyです。

評価が4.0以上で、口コミをみることで質の担保もある程度できます。

また、割引がかかった時はめちゃくちゃコスパが良くなります。

使ったことがない人はまずは騙されたと思って使ってみるのが良いです。

学習のコスパ
オススメ度 :★★★★★
費用メリット:★★★☆☆
学習の効果 :★★★★☆
ツマ

家の中でも外でもどこでも勉強できそうだね!

やり方④:コーチや外注を使う🏃‍♂️

そして、もう一つ知る人ぞ知るアプローチで強く勧めたいのがこれです。

コストパフォーマンスでいえばUdemyに軍配があがりますが

時間や締め切りが決まっており、なるべく早く、必要なところだけをスポットで学びたい

というタイムパフォーマンスで見ればこれがno1になります。

何かというと、専門家の人に自分の求めるコードやプログラムをつくってもらいつつも

それを解説してもらい、ゴール逆算で必要な知識だけを学んでいくと言うやり方です。

勉強というとどうしても積み上げ式のイメージをもってしまいがちですが

効率化など、目的が明確な場合は、必要なものを作って、その後から必要なところだけ学ぶのはありです。

PythonでもGASでも基礎を軽くかじった上で、この手のサービスを使うのは効率が良いです。

>>【関連】ココナラを実際に使ってわかったメリット・デメリット

学習のコスパ
オススメ度 :★★★★☆
費用メリット:★★☆☆☆
学習の効果 :★★★★☆
>>『ココナラ』のお試しはこちらから
ワタシ

実際にプログラムを作ってもらい解説もしてもらい効率がとても良かったです

やり方⑤:スクールを使う🏫

最後に、学習効果ということであれば、スクール一択です。

有名どころのスクールであれば、洗練されたカリキュラムのほか、相談にいつでものってくれる

メンター制度や、学習仲間も一緒に作ることができ、学習効率がめちゃくちゃ上がります。

この言語を使いこなしたい!

と、目標が明確に決まっている場合であれば、スクールが一番良いです。

また、スクールの場合は、現在国の方の支援策も拡充されており、

超お得な給付金の制度があり、これを使うとすこぶるコスパがよくなるました。

私自身、この制度を使うことによって70%の授業料がキャッシュバックされるという経験があります。

制度と使い方は下記にまとめましたが、まだ使ったことがない人はセットで使うのがおすすめ。

>>【関連】【給付金】50万円も得をした!”職業訓練給付金制度”とは

学習のコスパ
オススメ度 :★★★☆☆
費用メリット:★☆☆☆☆
学習の効果 :★★★★★

(給付金制度を使う場合: 費用★★☆☆☆)

尚、オンラインレッスンでサクっとGAS/Pythonを学びたいならコチラ

>>【関連】TechAcademyの口コミ | Pythonコースを2ヶ月実践してみた。

また、機械学習×Pythonをまとめて身につけるならコチラがおすすめ

>>【関連】DataMIXの口コミ | データサイエンスについて6ヶ月間 通ってみた。

ツマ

スクールに通うと否応なくやらなきゃ!ってなるよね

まとめ 

以上です。

誰でも最初は初心者ですので、今後なりたい自分の姿を妄想しながら、まずは最初の一歩を踏み出しましょう。

効率化をしたい!と思った時が勉強を始める吉日です!まずは無料で出来ることから行動につなげていきましょー(^^)/

ご精読頂きありがとうございました!
m(_ _)m