【手帳術】手作りリフィル+自作手帳のコツを大公開!

創るTips
ワタシ

ども、手帳マニアのらーにゃ(@SuperDairyMan)です

現在、じわりじわりと、手帳を自作する人が増えています。

市販の手帳だと使わないページもあるけど、ジブンで作る自作手帳はムダなページがゼロです!

自作のリフィルは一度作ってしまえば、簡単に応用ができてどんどん楽しくなります!

とはいえ

「いや、そもそもの自作手帳のイメージが持てないし。。」

と、感じる人もいると思うので、今回は今まで10年間、自作手帳を作ってわかったコトをご共有します!

これから自作手帳をやってみたい!という方の一助になれば幸いです(‘◇’)ゞ

自作手帳とは

まず、そもそも「自作手帳とは何か」を考えます。

これは一言で言えば、手帳の中身を自分で作るということです。

具体的にはリフィル(手帳の中身のページ)を手作りします。

リフィルを自作することで下記のようなメリットがあります!

メリット①: 全てを一元化できる

まず1点目が「全てを一元化できる」ことです。

個人的にこれが最大の魅力だと思います。

例えば、ワタシの場合、全ての自分に関する情報をまとめることで、いつでも必要な情報にアクセスが可能になります。

具体的に自分に関する情報は何かというと

ワタシの手帳にある情報
・やるべきタスク
・現在のスケジュール
・現在のプロジェクト
・日々の手紙メモの情報
・自身の価値観
・今年度の目標
・今後の人生計画
・家族内のルール
・子供の成長計画
・家計状況と収支計画
・今まで学んだTips集
・自身の経歴書/自分史
・読書ノート
・対話履歴

などなど

「あれ、なんだったっけ…??」

となった時にとりあえず手帳にアクセスすれば全てがわかるようになります。

その結果、探したり迷ったり悩んだりする時間ロスがなくなります。

ツマ

確かに自分の情報が全てまとまっているのは便利そう…!

メリット②: 楽に継続できる

2点目が「継続のしやすさ」です。

自作手帳は、バレッドジャーナルのように完全ゼロベースで描くようなことはありません。

自分に合ったフレームを用意して、自分に合った分量だけを使えば、達成感をもって手帳を使えます。

それゆえ、センスとスキルが問われることもなく圧倒的に使うのが楽です。

また、市販手帳を使っている場合は

「年が変わって、またゼロスタート…」

と、当たり前ですが、年に1回、手帳を切り替えるタイミングにリセットされます。

自作手帳の良いところは、このような切り替えタイミングがないためモチベーションが下がりにくい点です。

ワタシ

以前、バレッドジャーナルに憧れて買ったものの3日で終了しました。。

メリット③: カスタマイズしやすい

3点目は「カスタマイズのしやすさ」です。

個人的に、自作手帳の他にはない圧倒的に楽しいポイントはココです。

仕事の中で出会った考え方や、ビジネス書を読む中で知ったフレームワーク、他の手帳をみてわかったアイディアなどなど。。

気づいたコトを手帳というフレームに落とし込んで自分用にカスタマイズできるのが最高に面白いです。

特に、スケジュール帳だけでなく、ライフプランづくり、自己分析仕事/勉強のプランニングなどなど

プライベートな内容に拡張していきやすいのが個人的なオススメ活用です。

ワタシ

毎日使うリフィルは色々なものを参考にすることで生産性が爆上がりします!

自作手帳のリフィル事例

次に「自作手帳の使い方」についてです。

これはとっても簡単です。

「好きなページを創って、好きに使う」

です。

ただ、これだけだとピンとこないと思うので、ワタシの場合の具体例を記載します!

具体的には下記の7つのページを参考に記載します。

ワタシ

下記に3種類にカテゴリー分けして記載していきます!

使い方①: 色々なスケジュール帳

まずは、スケジュール帳の自作リフィルに関してです。

これは日々よく使う

についてまとめます。

①マンスリーリフィル

はじめは「マンスリーリフィル」です

毎月使うマンスリーのリフィルはオーソドックスなブロック形式にしています。

>>【関連】1ヶ月の手帳リフィルと活用例

上記のようにその日の気分をスタンプでログをつけていたりしています。

created by Rinker
こどものかお(Kodomonokao)
¥809 (2024/05/26 01:26:05時点 Amazon調べ-詳細)

②デイリーリフィル

その一方で毎日使う「デイリーリフィル」は少し細かめです。

具体的には下記のように細々とカスタマイズしています。

>>【関連】1日1ページの手帳のリフィルと活用例

毎日使うページは自分の好きなフレームワークを使って、タスク管理をしたりノートをこだわりのサイズにしています。

ワタシ

スケジュール帳はよく使うページほどカスタマイズのしがいがあります

使い方②: やる気を引き出すページ

次に、モチベーション系のリフィルに関してです。

ここでは

についてまとめます。

③人生100のリスト

上述のスケジュール系のリフィルと合わせて使っているのが「人生100のリスト」です。

日々のやる気を高めるために、1日1ページのリフィルと合わせて定期的に見直したりもしています。

>>【関連】”人生100のリスト”を自作してリフィル化

特に週末や、平日の朝時間に見直すコトでモチベーションが不思議とあがります。

created by Rinker
講談社
¥1,012 (2024/05/26 12:34:56時点 Amazon調べ-詳細)

④名言リスト

またさらに、これと合わせて一緒に見ると効果的なのが「名言リスト」です。

具体的には下記のように、自分に響いたコトバをまとめていきます。

>>【関連】”名言リスト/価値観リスト”を自作してリフィル化

これも人生100のリスト同様に定期的に見直すことでモチベーションをグッとあげてくれます。

また、辛いと思った時、頑張ろうと思った時は、このコトバがストックされているかどうかで救われます。

created by Rinker
¥1,294 (2024/05/26 23:48:13時点 Amazon調べ-詳細)
ツマ

辛い時でもコトバの力で ” 頑張ろう! ” ってなったりするよね

使い方③: 読書・勉強用のページ

最後に、読書や勉強、将来の目標といったスキル・キャリア系のリフィルに関してです。

ここでは

について記載します。

⑤読書ノート

日々、本を読みながら実践しているのが「読書ノート」です。

これは名著などを読んだ時に名言以外も読書ノートとしてまとめています。

>>【関連】読書での気づきを積み上げる”読書ノート”リフィル

名言だけでなく書籍からの学びもサクっと思い出せるようにしておくといつでも気づきを取り出せて便利です。

⑥スタディープランナー

また、読書をする時や勉強をする時に使えるのが「スタディープランナー」です。

日々の勉強や読書、または、説明会や研修会などに参加する時にあらかじめ目標設定して、実施した時間をマス目で色を塗ります。

>>【関連】スタディープランナーの活用!手帳を使って勉強の効率アップ!

これをするコトで自分の頑張りが見える化できて達成感も得られて、次の行動にも活かせます。

⑦ライフプラン表

また、勉強をした先にどんなスキルを身につけ、将来どうなりたいかという「ライフプラン表」についてもセットで考えると効果的です。

ワタシは理想年表というフレームワークでライフプラン・人生計画を創っています。

>>【関連】自分の理想を見える化する!

これは下記の人生設計のフレームワークを参考にしつつ独自に整理しています。

このように、市販の手帳以上にカスタマイズができるので、自分にあった手帳の活用ができます。

それでいて、型を作ればバレットジャーナルのようにゼロから書く必要がないため継続もしやすいです。

ワタシ

自分に合うページだけが残るので活用もしやすく愛着ももてます

自作手帳を使いこなすコツ!

最後に、自作手帳を「使いこなすコツ」についてです。

作っただけではなく使いこなすためのコツも下記にまとめます。

コツ①:100均を使って始める!

また、最後にちょっとしたコツですが、手帳作りは正直なところ心理的なハードルが高いと思います。

「理解はしたけど、いきなり作るのはちょっと…」

と感じる人に関しては、ダイソーを使ってお試しすることをオススメします!

具体的には下記の5つのアイテムがオススメ!

ダイソーで使える手帳作成ツール
・印刷用紙
・ペーパーカッター
・パンチャー
・バインダー
・各種リフィル

A5などの小さな印刷用紙はないので、A4印刷用紙を買って、ペーパーカッターを使うことで安く印刷用紙を手に入れられます。

そして、バインダー穴あけパンチも売っており、ここで揃えたものを元にテスト用の試作品を作るのがおすすめ。

(上記、2穴のバインダーとルーズリーフを使って2穴の手帳にするのもアリです)

また、ダイソーには驚くことに各種リフィルもだんだんと増えてきており、こちらも追加することで手帳の運用イメージも湧くと思います!

印刷機さえあれば他は正直、100均で揃っちゃいます!

ツマ

ダイソーだけで簡易的な手帳できちゃうね

コツ②:本からアイデアを得る!

created by Rinker
¥1,900 (2024/05/26 10:05:08時点 Amazon調べ-詳細)

最後に、これを押さえると良いという点においては

とにかく、新しい使い方などを妄想してモチベーションを高めることです!

「こんな使い方したいな〜」

と思えるかどうかで手帳の活用度が雲泥の差になります。

手帳の使い方の妄想をする時は他の人がどう使っているか事例を見るのがイチバンです!

そんな時にはKindle Unlimitedなどで参考になる本を一気に読むことでイメージが湧きます!

Kindle Unlimitedで無料で読めてかつ参考になった手帳術・ノート術の本は下記でまとめます。

【2024年】Kindle Unlimited おすすめ手帳・ノート術20選!

ワタシ

とにかく玄人の手帳は見ているだけで楽しいんですよね。

さいごに

以上、独自で作っている手帳を手作りする際のポイントでした。

手帳を自作した時の可能性は無限大です!

そして何よりも、自分にあった活用法を考えるのはとても楽しいです!

手帳を活用したいぞという人は事例集などを参考にまずは作ってみましょう!!٩( ‘ω’ )و

ご精読頂きありがとうございました!
m(_ _)m

\30日間 無料で読み放題!/
Kindle Unlimitedのお試しはコチラ

参考:自作手帳をはじめるステップ

自作手帳はとっても簡単で3ステップでできます。

下記に概要を記載するので気になるステップの詳細はリンクに飛んでみてください!

ワタシ

まずは、下記で流れをざっと押さえてイメージを掴んでみてください。

STEP①: 作り方を知る

STEP①は「作り方」についてです。

これは端的にいうと下記の3つのプロセスを踏めばOKです。

作り方
①ざっくりとラフのメモを書く
②ソフト(Word/Excel)で形にする
③上記を印刷する

書いてしまえば、上記の3つのみです。

ソフトでどんな使い方をすればいいかを押さえつつも、STEP②で紹介するテンプレートを使って自分ナイズさせればすぐにできちゃいます!

>>【関連】STEP①:リフィルの作り方を知る

STEP②: 実際に創る

STEP②は「自分用に作る」です。

これはとっても簡単です。

ネットや本などを色々と調べて、いいな!と思うもののアイディアを参考にイメージをするコトです。

これはネット上にある、手帳のテンプレートをダウンロードして使うのがオススメ。

PDFのみの場合が多いですが、Excelなど編集ができる形で落とせるものもあるので、それを使うと修正するのも楽チンです!

>>【関連】STEP②:自分に合うリフィルを考える

STEP③: 活用する

STEP③は「リフィルの使い方」についてです。

これは正直なところ、学ぶより慣れろです。

STEP①②で作ったリフィルを自分で日常使いしながら、活用のしやすいものを手元に残しつつ、使いやすく改善をすればOKです。

とはいえ

「いきなり、慣れろといわれても、どんな使い方ができるかイメージがわかない…」

という人もいると思うので、具体的な活用のアイディアをまとめています。

>>【関連】STEP③:手帳活用の具体的なイメージを持つ